2009年08月03日

東関親方、定年退職!お疲れさまでした!

こんにちは。

 数日前、東関親方(元関脇・高見山)が定年退職されました。かくれ大相撲ファンとしては、少し寂しい感じがします。
 この話題とともに取り上げていたのが、東関部屋の「十のこころ」でした。かくれ大相撲ファンとしては初めて目にかかる内容でしたが、心に残りましたので、ご紹介いたします。

一 おはようという 親愛の心
二 はいという 素直な心
三 すみませんという 反省の心
四 どうぞという 献上の心
五 私がしますという 奉仕の心
六 ありがとうという 感謝の心
七 おかげさまでという 謙虚な心
八 お疲れさんという 労りの心
九 なにくそという 忍耐の心
十 嘘をつくなという 正直な心

う〜ん なるほど!

ところで、教会の大先輩である、朴普熙先生が書かれた「霊界晴れ晴れ!天運到来」という本の中に「七つの喜び」というものありました。ご紹介いたします。

1.私は神の子です。親なる神が私を愛しています。
2.私の最高の幸せは、真の御父母様です。私は完全に生まれ変わりました。そして、私は祝福を頂きました。
3.私は今、感謝と喜びに満ちています。やる気と力が湧いてきます。
4.私は健康で、身も心も晴れ晴れです。私は今、最高の人生を生きています。
5.私も家は愛の学校です。家族は皆、明るく豊かな毎日です。
6.私は人と世界を愛します。接する人には希望を与えます。
7.霊界晴れ晴れ!天運到来!良いことが起こります。私は今が天国で す。

う〜ん なるほど!

どちらも、持っていたい「こころ」だと感じました。

07190002.JPG
私も見ました。7月19日の虹
posted by ヒロオ at 22:08| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。